3:チュートリアル続き2

toyアプリケーションを作る
$ cd ..
$ rails 7.0.6 new toy_app –skip-bundle
$ cd toy_app/
Gemfile編集
$ gedit Gemfile
source “https://rubygems.org”
git_source(:github) { |repo| “https://github.com/#{repo}.git” }

ruby “3.2.2”

gem “rails”, “7.0.6”
gem “sassc-rails”, “2.1.2”
gem “sprockets-rails”, “3.4.2”
gem “importmap-rails”, “1.1.0”
gem “turbo-rails”, “1.1.1”
gem “stimulus-rails”, “1.0.4”
gem “jbuilder”, “2.11.5”
gem “puma”, “5.6.4”
gem “bootsnap”, “1.12.0”, require: false
gem “sqlite3”, “1.4.2”

group :development, :test do
gem “debug”, “1.5.0”, platforms: %i[ mri mingw x64_mingw ]
end

group :development do
gem “web-console”, “4.2.0”
end

group :test do
gem “capybara”, “3.37.1”
gem “selenium-webdriver”, “4.2.0”
gem “webdrivers”, “5.0.0”
end

gemをインストールし、ロックする
$ bundle _2.3.14_ install

$ bundle _2.3.14_ lock –add-platform x86_64-linux
helloのアクションを追加し、ルートの設定
$ gedit app/controllers/application_controller.rb
class ApplicationController < ActionController::Base
  def hello
    render html: “Toy_app hello, world!”
  end
end
$ gedit config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  root ‘application#hello’
end

でもう一つにターミナルで起動しているサーバーをctrl+cで止め、ディレクトリーを変更し、サーバーを起動
$ cd ..
$ cd toy_app
$ rails s
でlocalhost:3000 でToy_app hello, world!と表示される筈

元のターミナルに戻りgit init, add, commitを行う
$ git init
Reinitialized existing Git repository in /Rails/environment/toy_app/.git/
$ git add -A
$ git commit -m “Add hello”

scaffoldを使いUser データーベースを作成
$ rails generate scaffold User name:string email:string
色々追加されるが、この意味はデーベース名をUserとし、テーブルnameとemailを文字列として作成、続いてデーターベースをマイグレートする
$ rails db:migrate
== 20230811074601 CreateUsers: migrating ========
— create_table(:users)
   -> 0.0022s
== 20230811074601 CreateUsers: migrated (0.0022s) ===
ここで、ブラウザから localhost:3000/usersとすると

と表示される筈、New userをクリックするとユーザーを作成出来るので試す。


emailはわざと正しくない(@が無い)ものを入力し、Create Userをクリックし保存(検証をしていないので)。保存出来てしまう
上の画像が保存後のもの、メチャクチャなemailが登録されている。下の方のリンクをクリックすると、その内容の画面になる。ブラウザに http://localhost:3000/users/newと入力し、もう一人作り保存し、http://localhost:3000/users/と入力すると
2人分のリストが表示される。後、チュートリアルにあるように削除などをやってみる。

ルートを設定する
$ gedit config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  resources :users
  root ‘users#index’
end
そして、app/controllers/users_controller.rbを見てみると

下の方が表示されていないが、scaffoldにより index, showなどが自動的に出来ている。

Micropostsリソースもscaffoldでコードを生成
$ rails generate scaffold Micropost content:text user_id:integer
データーベースをマイグレーション
$ rails db:migrate
== 20230813055824 CreateMicroposts: migrating =========
— create_table(:microposts)
  -> 0.0019s
== 20230813055824 CreateMicroposts: migrated (0.0019s) ===========
config/routes.rbを開いてみると
$ cat config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
   resources :microposts    ← 追加されている
   resources :users
   root ‘users#index’
end
また、app/controllers/microposts_controller.rbも追加されているので、ブラウザに http://localhost:3000/microposts/newと入力しマイクロポストを新規に作って見る

そしてCreate Micropostをクリックし、作成すると

と、表示されるので、userの時と同じようにいくつか作って、index,show destoryなどをやってみる。
異なるデータモデル同士の関連付けをやっていくが、userは複数のmicropostを持てるし、micorpostはuserが持っているので
$ gedit app/models/user.rb
class User < ApplicationRecord
  has_many :microposts
end
$ gedit app/models/micropost.rb
class Micropost < ApplicationRecord
  belongs_to :user
style=”color: #ff6600;”>end

また、これまではデーターベースに入力されるデーターの検証を一切やってないので、制限や検証をやっていく。先ずはマイクロポストの最大文字数を140文字に制限する
$ gedit app/models/micropost.rb
class Micropost < ApplicationRecord
  validates :content, length: { maximum: 140 }
end
そして、micropostに140文字以上を入力してどうなるか試す。

141文字入れるとエラーになる(この文字数は全角でも141文字の様だ、全角1文字はやはり1文字と数える)
次はuser,emailを空白にしたらエラーを出す
$ gedit app/models/user.rb
class User < ApplicationRecord
  has_many :microposts
  validates :name, presence: true
  validates :email, presence: true
end
そして、ブラウザにuser, micropostを空欄にしてCreate Userをクリックすると


とエラーが表示される

そしてgitにコミット
$ git status
On branch main
Changes not staged for commit:
 (use “git add <file>…” to update what will be committed)
 (use “git restore <file>…” to discard changes in working directory)
 modified: config/routes.rb
 後略
$
git add -A
$ git commit -m “Finish toy app”
[main e33fc8d] Finish toy app
36 files changed, 589 insertions(+), 1 deletion(-)
create mode 100644 app/controllers/microposts_controller.rb
create mode 100644 app/controllers/users_controller.rb
create mode 100644 app/helpers/microposts_helper.rb

カテゴリー: Ruby on railsに挑戦(almalinux9) | コメントする

2:Railsのチュートリアルをやる1

https://railstutorial.jp/chapters/beginning?version=7.0#cha-beginningを参考にして行っていく。はじめにこのチュートリアルと違うのは
1:IDE(cloud9)で無く、ローカルのサブホストで行っている
2:rubyとrailsが違っている。ruby 3.1.2 → 3.2.2,  rails 7.0.4 → 7.0.6
3:一人でやっているのでgithubは使わない
4:ディプロイをしないので render は使わない
で早速、時間がかかるのでRubyドキュメントをスキップする設定
$ echo “gem: –no-document” >> ~/.gemrc
bundlerのバージョンを指定してインストールする
$ gem install bundler -v 2.3.14

私はrailsのデーターは独立した領域を割り当てていて、そこに保存するようにしている。
$ sudo mkdir /ライリスを保存するディレクトリ
$ sudo chown -R ユーザー名. /ライリスを保存するディレクトリ
$ cd /ライリスを保存するディレクトリ
$ mkdir environment     ← 開発用ディレクトリーを作る
$ cd environment
バージョンの優先順位は高い方から rbenv shell, rbenv local, rbenv global の順になっている。前にグローバルを設定しているがlocalも設定しておく
$ rbenv local 3.2.2
テストプログラム hello_app を作る
$ rails _7.0.6_ new hello_app –skip-bundle
色々インストールされる。次はGemfileの編集
$ cd hello_app
$ gedit Gemfile

source “https://rubygems.org”
git_source(:github) { |repo| “https://github.com/#{repo}.git” }

ruby “3.2.2”

gem “rails”, “7.0.6”
gem “sprockets-rails”, “3.4.2”
gem “importmap-rails”, “1.1.0”
gem “turbo-rails”, “1.1.1”
gem “stimulus-rails”, “1.0.4”
gem “jbuilder”, “2.11.5”
gem “puma”, “5.6.4”
gem “bootsnap”, “1.12.0”, require: false
gem “sqlite3”, “1.4.2”

group :development, :test do
gem “debug”, “1.5.0”, platforms: %i[ mri mingw x64_mingw ]
end

group :development do
gem “web-console”, “4.2.0”
end

group :test do
gem “capybara”, “3.37.1”
gem “selenium-webdriver”, “4.2.0”
gem “webdrivers”, “5.0.0”
end

rubyとrailsのバージョンがチュートリアルとは違う
gemをインストールし、ロックしておく
$ bundle _2.3.14_ install
$ bundle _2.3.14_ lock –add-platform x86_64-linux
次にターミナルを追加し、railsをインストールすると追加されているWEBサーバーを起動する(追加したターミナルでの作業)
$ cd
/ライリスを保存するディレクトリ/environment/hello_app
$ bundle install –gemfile /ライリスを保存するディレクトリ/environment/hello_app/Gemfile
あれーエラーが出ている
An error occurred while installing sqlite3 (1.4.2), and Bundler cannot continue.
これはsqlite-develを入れればいいみたい
$ sudo dnf install sqlite-devel    ←この時yum.repo.dのalmalinux-crb.repoのenabled=が1になっていること
再度
$ bundle install –gemfile /ライリスを保存するディレクトリ/environment/hello_app/Gemfile
$ rails server
=> Booting Puma
=> Rails 7.0.6 application starting in development
=> Run `bin/rails server –help` for more startup options
Puma starting in single mode…
* Puma version: 5.6.4 (ruby 3.2.2-p53) (“Birdie’s Version”)
* Min threads: 5
* Max threads: 5
* Environment: development
* PID: 42058
* Listening on http://127.0.0.1:3000
* Listening on http://[::1]:3000
Use Ctrl-C to stop

そして、ブラウザのURL欄にlocahost:3000
と入力したら
と表示された

元のターミナルに戻って、アクションを追加します。
$ gedit app/controllers/application_controller.rb
class ApplicationController < ActionController::Base
  def hello                      ← ここから3行を追記
    render html: “hello, world”
  end
end
次にルートを設定
$ gedit config/routes.rb
Rails.application.routes.draw do
  root “application#hello”
end
そして、ブラウザに戻って、再読み込みをすると
hello, worldが表示される

元のターミナルの戻り、gitのセットアップ
gitのバージョンを確認
$ git –version
git version 2.39.3
次に名前とemailの設定
$ git config –global user.name kk-otake
$ git config –global user.email メアド
確認は git config user.name などで出来る。次は、Gitのデフォルトブランチ名の設定です
$ git config –global init.defaultBranch main
エイリアスを設定して置くと便利なので、git sをstatusのエイリアスに設定する
$ git config –global alias.s status
コマンドを入力するたびにパスワードを入力しなくて済むように認証情報をキャッシュする。
$ git config –global credential.helper “cache –timeout=86400”
これで1日に設定された。
新しいリポジトリの初期化
$ git init
Reinitialized existing Git repository in /Rails/environment/hello_app/.git/
全ファイルをリポジトリに追加
$ git add -A
gitのステイタスを見てみる
$ git s
On branch main

No commits yet

Changes to be committed:
(use “git rm –cached <file>…” to unstage)
new file: .gitattributes
new file: .gitignore
new file: .ruby-version
後略

リポジトリに保存(コミット)する
$ git commit -m “Initialize repository”  ← -mはコメント
[main (root-commit) a6e33ca] Initialize repository
70 files changed, 1170 insertions(+)
create mode 100644 .gitattributes
create mode 100644 .gitignore
後略

ログを見てみる

$ git log
commit a6e33cab770514bc9f373bd962102bab8f4663d3 (HEAD -> main)
Author: f-otake <otake@inpac.jp>
Date: Thu Aug 10 09:23:22 2023 +0900
Initialize repositor

Gitのブランチ(Branch)
$ git switch -c modify-README
Switched to a new branch ‘modify-README’
$ git branch
main
* modify-README
*がついている所が使用中のブランチ
Gitの編集(Edit)
練習の為README.mdを編集
$ gedit README.md

# Ruby on Rails Tutorial

## “hello, world!”

This is the first application for the
[*Ruby on Rails Tutorial*](https://railstutorial.jp/)
by [Michael Hartl](https://www.michaelhartl.com/). Hello, world!

そして保存後、確認
$
git status
On branch modify-README
Changes not staged for commit:
(use “git add <file>…” to update what will be committed)
(use “git restore <file>…” to discard changes in working directory)
modified: README.md

no changes added to commit (use “git add” and/or “git commit -a”)

でもって、コミット(オプション-aはすべての変更ファイル(git mvで作成したファイルも含む)をまとめてコミット)
$ git commit -a -m “Improve the README file”
[modify-README ca00142] Improve the README file
1 file changed, 5 insertions(+), 22 deletions(-)
Gitのマージ(Merge)

$ git switch main
Switched to branch ‘main’
$ git merge modify-README
Updating a6e33ca..ca00142
Fast-forward
README.md | 27 +++++———————-
1 file changed, 5 insertions(+), 22 deletions(-)

変更をマージした後は、git branch -dを実行してトピックブランチを削除
$ git branch -d modify-README
Deleted branch modify-README (was ca00142).

カテゴリー: Ruby on railsに挑戦(almalinux9) | コメントする

サブホストの画面に解像度を追加する

almalinux 9を追記;2023-2-11、下記の紫字がalmaに関する記述
私はKVMを使いサブホストを作り、いろいろなテストやサーバーを立ち上げています。
サブホストへのアクセスはvirt-managerから当該サブホストを選び画面上の開くをクリックして編集などをしています。この時解像度は1920×1080となり、これではスクロールダウンしないと画面のしたの方が見えません。そこで解像度を追加して行きます。色々試した結果 1920×900が最適と分かり、これを追加します。現在サポートしている解像度を表示(注、下の文字の入力は- – になっている所がありますが、表示はー一つになって見えますし、コピペしてもーは一つなので気をつけて下さい。wordpressのバグ??)
# xrandr -q
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1024 x 768, maximum 8192 x 8192
Virtual-0(almaはVirtual-1) connected primary 1920×1080+0+0 0mm x 0mm 
1024×768 59.95+
1920×1200 59.95
1920×1080 60.00*
1600×1200 59.95
1680×1050 60.00
1400×1050 60.00
1280×1024 59.95
1440×900 59.99
1280×960 59.99
一部省略
Virtual-1 disconnected(almaではdisconnectedは表示されない)
Virtual-2 disconnected
Virtual-3 disconnected
注:almalinuxでVirtual-1 でない場合はこのページの一番したのログイン画面を参考にして、X11にしてください
次にcvt を実行して希望の解像度の Modeline を取得します
# cvt 1920 900
# 1920×900 59.97 Hz (CVT) hsync: 56.01 kHz; pclk: 142.50 MHz
Modeline “1920x900_60.00” 142.50 1920 2032 2232 2544 900 903 913 934 -hsync +vsync
解像度の追加
# xrandr –newmode “1920x900_60.00” 142.50 1920 2032 2232 2544 900 903 913 934 -hsync +vsync
newmodeの後にcvtで得られたデータを入れる。このモードを追加する
# xrandr –addmode Virtual-0(almaはVirtual-1) 1920x900_60.00
Virtual-0は現在のスクリーン番号。この時画面の解像度が変化したが(小さくなった)そして現在の画面に反映させる
# xrandr –output Virtual-0(almaはVirtual-1) –mode 1920x900_60.00
これで画面の下まで見れる。だけど再起動すると全部消え、またxrandr –newmodeからやるハメになるので、デフォルトの解像度にする。(almaLinuxは下記を参照)
# gedit /etc/gdm/Init/Default
#!/bin/sh
# Stolen from the debian kdm setup, aren’t I sneaky
# Plus a lot of fun stuff added
# -George

PATH=”/usr/bin:$PATH”
OLD_IFS=$IFS

xrandr –newmode “1920x900_60.00” 142.50 1920 2032 2232 2544 900 903 913 934 -hsync +vsync
xrandr –addmode Virtual-0 1920x900_60.00
xrandr –output default –mode 1920x900_60.00
注:almaLinuxでは上の2行は不要だった
xrandr –output Virtual-1 –mode 1920x922_60.00

gdmwhich () {
COMMAND=”$1″
OUTPUT=
IFS=:
for dir in $PATH
do
if test -x “$dir/$COMMAND” ; then
if test “x$OUTPUT” = “x” ; then
OUTPUT=”$dir/$COMMAND”
fi
fi
done
IFS=$OLD_IFS
echo “$OUTPUT”
}
青字の所を追加する。私の場合は
xrandr –addmode default では駄目で
xrandr –output Virtual-0ではダメだった、理由は不明
これで再起動後も大丈夫では無かった。
今度はグラフィカルの設定からやってみる
アプリケーション → システムツール → 設定 → 左ペインのデバイスを選び、また左のディスプレイをクリック、右ペインの解像度をクリックすると作った 1920×900があるので、それをクリックし、設定を終了。
これで再起動し、ログイン後(ログイン画面は小さい)無事1920×900になった。

本日(2023-3-25)ログイン後でも解像度が変更になってない(CentOS7)
調べるとどうも/etc/gdm/Init/Defaultを行っていないみたいなので、/etc/rc.d/rc.localの最後に /etc/gdm/Init/Defaultを追記したが、
xrandr –output default –mode 1920x900_60.00
xrandr –output Virtual-0 –mode 1920x900_60.00に変更すること

almaLinuxでは/etc/gdm/Init/Defaultを変更しても再起動後には反映しなかったので、調べるとここに回答があった
X Window SystemX.orgからWaylandにデフォルトが変更になったので
# gedit /etc/gdm/custom.conf   (抜粋)

[daemon]
# Uncomment the line below to force the login screen to use Xorg
WaylandEnable=false  コメントアウトを取る

[security]

これでディスプレーサーバーが X11になる
#
gedit /etc/xdg/autostart/resoChg.desktop   ファイル名は最後に.desktopがあれば何でもらしい
[Desktop Entry]
Type=Application
Name=GNOME run Default
Exec=/etc/gdm/Init/Default
OnlyShowIn=GNOME;
NoDisplay=true;
これでログインすると希望の解像度になった。
念の為、下の画像はパスワードの入力右下の歯車をクリックするとディスプレーサーバーが何になっているか分かる。


カテゴリー: Linux運用時のメモ | コメントする

$ bundle 2.4.18 installでエラー

sqlite-develをインストールしろとエラーが出た。これをインストールするがその前に/etc/yum.repos.d/almalinux-crb.repoの[crb]にあるenabled=が1になっている事を確認後
$ sudo dnf install sqlite-devel
でインストールをしておく


カテゴリー: その他 | コメントする

PINGが通らない

ある時baculaでバックアップの設定をしている時、一つのサブホストだけPINGが通らない。でもそこからbaculaが動いているサブホストにはPINGが通る?
最初はICMPエコー-no設定を疑ったが、問題ない
ここからはPINGを通してくれないサブホストでの設定
# firewall-cmd –list-all –zone=domestic ← domesticゾーン情報確認

domestic (active)  ← donesticは日本に割り当てられたグローバルIP
  target: default ← 許可していないアクセスは拒否
  icmp-block-inversion: no  ← ここがNOで下にある icmp-blocks:に設定が
  interfaces:                           無いのでどこからでもPING応答する
  sources: ipset:domestic ← IPセット(日本国内)
  services: dns http https imaps ipsec pop3 pop3s smtp smtps ssh
  ports: 20000/tcp 8080/tcp ← ポート(このポートと上のサービスはダミーだよ)
  protocols:
  forward: no
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:

これには随分泣かされた。やっと気が付いたのはROUTING
# route

Kernel IP routing table
Destination  Gateway   Genmask   Flags   Metric  Ref  Use  Iface default  buffalo.setup  0.0.0.0     UG    100   0    0  enp1s0 buffalo.setup  0.0.0.0    255.255.255.255    UG             0             0             0     enp1s0

本来なら最後の行は
192.168.4.0   0.0.0.0  255.255.255.0  U        100      0      0     enp1s0
になっていなくてはならない。
このOSはAlmalinux 8なので今までのCentOS7とは勝手が違い、/etc/sysconfig/network-scriptsに設定をする訳では無い。nmcliを使え等と言っているが、老体の俺には覚えるのが辛い。まずは一番下のGATEWAYを消すbuffalo.setupのIPは192.168.xx.xxなので、
# ip route delete 192.168.xx.xx
そしてルートを追加
# nmcli con add type ethernet ifname enp1s0
この時正確な表示は覚えていないが、ethernet-enp1s0-1 を設定したみたいなのが出た
# nmcli con mod ethernet-enp1s0-1 ipv4.gateway 0.0.0.0

# route

Kernel IP routing table
Destination  Gateway   Genmask   Flags   Metric  Ref   UseIface
default   buffalo.setup  0.0.0.0    UG    100   0    0   enp1s0
192.168.4.0   0.0.0.0  255.255.255.0   U      100      0      0     enp1s0

と正常になったので
baculaのサブホストに移り、PINGを実行。やっと帰ってきた。やれやれ

カテゴリー: Linux運用時のメモ | コメントする

全てのサブホストで数字キー以外を受け付けない!!

これには閉口した。もうログインすら出来ない! ただメインのホストは正常だ。
再起動したり色々試したが直らない。どうも日本語の関係がおかしいみたいだ。なのでメインのホストで、アプリケーション → システムツール → 設定から下記の画像のように“地域と言語”で入力ソースに英語を追加し、日本語(かな漢字)と日本語の二つを削除し、サブホストのログインを試すと無事文字キーも入力出来たので、
その後日本語(かな漢字)と日本語の二つを追加し、英語を削除したが、サブホストでは文字キーも問題なく入力出来た。バンザーイ!!

カテゴリー: その他 | コメントする

php-fpm が少し変更になった?

almalinux9のサブホストをalmalinux8で作成中、このホストはWEBサーバーやMAILサーバーにする予定。複数のバーチャルWEBの中に古いXOOPSがあり、これがphp56でしか動かないので、almalinux9でphp56がインストール出来ず、almalinux8を使えと言われたので、バージョン8で作成。
前置きが長くなったが、インストールしたいphpのバージョンは 5.6と7.4。
早速 https://qiita.com/bezeklik/items/860ba080bf4c664cd8e9 などを参考にphp-fpmなどをインストールたが、これらのWEBから変更になった箇所が有る見たい

php56のphp.iniの場所が変更になった、以前は
/opt/remi/php56/root/etc/php.ini
だったが、php74と同じような場所になった
/etc/opt/remi/php56/php.ini

listen portを使わなくなった見たい。以前は port=9056などと指定をしていたが、これがポートでは無くソケットを使うようだ。
listen = /var/opt/remi/php56/run/php-fpm/www.sock

 

カテゴリー: その他 | コメントする

lvscan でエラー

Devices file sys_wwid t10.ATA_JAJS600M2TB_AB202100000031003686 PVID none last seen on /dev/sdb2 not found.
Devices file sys_wwid t10.ATA_JAJS600M2TB_AB202100000031003686 PVID none last seen on /dev/sdb3 not found.
Devices file sys_wwid t10.ATA_JAJS600M2TB_AB202100000031003686 PVID none last seen on /dev/sdb4 not found.
上記の様なエラーがlvscanで表示された。この原因は lvremove や vgremove などを行わずに partred で領域を削除してしまったから。実害はないのだが毎回表示されるので鬱陶しい。この表示が出ないようにする方法をググると https://serverfault.com/questions/1093110/linux-lvm-pvid-last-seen-on に回答があった。
# gedit /etc/lvm/lvm.conf
の129行目位に
# use_devicesfile = 1
とあるので、コメントを取り、1を0にする
use_devicesfile = 0
これで lvscan を行っても表示されなくなった。

カテゴリー: その他 | コメントする

1: ruby とruby on railsのインストール

参考:https://mebee.info/2021/04/10/post-33002/
その前に私はサブホストのベースとなるサブホスト(サブホストのテンプレート見たいな奴)を作り、サブホストを追加する際、このサブホストのクローンを作り、それの設定を変更して行くが、CentOS7の時はサブホストのUUIDも同じだったが、almalinux9では自動で違うUUDIが割り当てられている。但しそれ以外は同じものがあるので変更していく。先ずはホスト名
# gedit /etc/hostname
で開いたウィンドウに新しいホスト名を設定。次は固定IPアドレス
# nmcli device    ← デバイス名を調べる
DEVICE    TYPE          STATE                  CONNECTION
enp1s0   ethernet     接続済み                 enp1s0
lo            loopback    接続済み (外部)      lo
で固定アドレスを等を設定する

# nmcli c mod enp1s0 ipv4.method manual ipv4.addresses 192.168.XX.XX/24 ipv4.gateway 192.168.XX.XX ipv4.dns “192.168.XX.XX 8.8.8.8 8.8.4.4”
設定を反映させる
#
nmcli c up enp1s0

rubyは一般ユーザーで作業をするが、その前にgit等をインストールしておく
$ sudo dnf -y install git
実行しているユーザーのパスワードを求められるが、その後インストールが始まる
次に必要とされるパッケージのインストールだが、その前に開発系のツールが入っているalmalinux-crb(旧Powertools)リポジトリの有効化をする。
$ sudo gedit /etc/yum.repos.d/almalinux-crb.repo
                (Ver 8はalmalinux-powertools.repo  下記もcrbをpowertoolsに置き換えて)

[crb]
name=AlmaLinux $releasever – CRB
mirrorlist=https://mirrors.almalinux.org/mirrorlist/$releasever/crb
# baseurl=https://repo.almalinux.org/almalinux/$releasever/CRB/$basearch/os/
enabled=1           ← ここを0から1にする
gpgcheck=1
countme=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-AlmaLinux-9
metadata_expire=86400
enabled_metadata=0
後略

rbenvのパッケージを自分のホームにcloneします。
$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv
入手したパッケージのパスを通し、初期化します。
$ echo ‘export PATH=”$HOME/.rbenv/bin:$PATH”‘ >> ~/.bash_profile
$ ~/.rbenv/bin/rbenv init

# Please add the following line to your `~/.bash_profile’ file,
# then restart your terminal.

eval “$(rbenv init – bash)”

上のインフォメーションにあるようにbash_profileに追加し、反映させる
$ echo ‘eval “$(rbenv init -)”‘ >> ~/.bash_profile
$ exec $SHELL -l
rbenvのバージョンを確認します。

$ rbenv -v

rbenv 1.2.0-70-g4fec76f

rbenvのプラグイン であるruby-buildもインストールしておきます。こちらもgit cloneで入手し、追加されているか確認します。
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ ls ~/.rbenv/plugins/ruby-build/bin

rbenv-install rbenv-uninstall ruby-build

rubyに必要な依存パッケージをインストールしておきます。
$ sudo dnf install -y gcc openssl-devel readline-devel zlib-devel
インストールできるバージョンを確認
$ rbenv install -l

3.0.6
3.1.4
3.2.2
jruby-9.4.3.0
mruby-3.2.0
picoruby-3.0.0
truffleruby-23.0.0
truffleruby+graalvm-23.0.0

Only latest stable releases for each Ruby implementation are shown.
Use ‘rbenv install –list-all / -L’ to show all local versions.

上にあるように3.2.2が最新なので(時間がかかるよ)
$ rbenv install 3.2.2

前略
Last 10 log lines:
*** Fix the problems, then remove these directories and try again if you want.
make[1]: ディレクトリ ‘/tmp/ruby-build.20230803083833.28478.Co2UcH/ruby-3.2.2’ から出ます
Generating RDoc documentation
/tmp/ruby-build.20230803083833.28478.Co2UcH/ruby-3.2.2/lib/yaml.rb:3: warning: It seems your ruby installation is missing psych (for YAML output).
To eliminate this warning, please install libyaml and reinstall your ruby.
uh-oh! RDoc had a problem:
cannot load such file — psych

run with –debug for full backtrace
make: *** [uncommon.mk:598: rdoc] エラー 1

あれーエラーが出ている。your ruby installation is missing psych と出ているので psychをインストールすればいいんだ。色々調べたらlibyaml-devel をインストールすれば良い見たいだが、念のためアップデートしておく
$ sudo dnf update (いっぱいアップデートがあった)
$ sudo dnf install libyaml-devel
あれー、そんなパッケージは無いといわれる。そんなバカな
よくよく調べるとalmalinux-crb.repoenabledが0になっていた(事情があって0にしていたのを忘れてた!!なのでenabled=1 にし、再度
$ sudo dnf install libyaml-devel
インストールされたので、再度
$ rbenv install 3.2.2  (またまたすごく時間がかかる)

To follow progress, use ‘tail -f /tmp/ruby-build.20230803090602.131953.log’ or pass –verbose
Downloading ruby-3.2.2.tar.gz…
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/3.2/ruby-3.2.2.tar.gz
Installing ruby-3.2.2…
Installed ruby-3.2.2 to /home/fuji/.rbenv/versions/3.2.2

NOTE: to activate this Ruby version as the new default, run: rbenv global 3.2.2

でバージョン指定はグローバルにするので
$ rbenv global 3.2.2
でgemのバージョンを確認
$ gem -v

3.4.10

gemをアップデートする
$ gem update –system

前略
RubyGems installed the following executables:
/home/ユーザー名/.rbenv/versions/3.2.2/bin/gem
/home/ユーザー名/.rbenv/versions/3.2.2/bin/bundle
/home/ユーザー名.rbenv/versions/3.2.2/bin/bundler

Ruby Interactive (ri) documentation was installed. ri is kind of like man
pages for Ruby libraries. You may access it like this:
ri Classname
ri Classname.class_method
ri Classname#instance_method
If you do not wish to install this documentation in the future, use the
–no-document flag, or set it as the default in your ~/.gemrc file. See
‘gem help env’ for details.

RubyGems system software updated

やっとrubyのインストールが出来た

ruby on railsのインストール(gemでできる)
$ gem install rails
いっぱいインストールされた。バージョンを確認
$ rails -v

Rails 7.0.6

 

カテゴリー: Ruby on railsに挑戦(almalinux9) | コメントする

中国の悪い奴らに気を付けて

上の画像の全部のメールが中国の悪い奴らから来たメールである、右側の2dや5dは二日前、5日前を表している。私のメアドは20年以上使用しているので悪い奴らのメアドリストに入っている筈だか、それにしても一日でこんなにも来る。もちろんフィルタが入っているので自動的に落とされたメールはすごく沢山ある筈だか、それでも、くぐり抜けた物でもこんなにある!!

上のメールはその内の一つを開いた所、題名の下に誰が送ったが表示されているが、最初のAmazon.co.jpは信用しては行けない、ここはどうにでも細工出来る。その下が本当に送った人、ここでは実際のメールアドレスが表示されているが、これはその下にある詳細を隠すとあるが、最初は詳細を表示するになっていて、そこをクリックしたから本当のメアドが表示されている。(メールソフトはアンドロイドのbuleMail)最後の.cnは中国だ。.co.jpはご存知のように日本だが日本のアマゾンが中国から送ることは絶対に無い。インターネットのメールシステムが開発されてしばらくは研究者か先生なんかが使っていて、その頃は悪さをしょうとする馬鹿者はいなかったので、その名残かな?

ともかく皆さん気を付けて、差出人は信用しない事、

蛇足、ある人が言っていた、郵便メールと同じシステムになっていると。郵便の封筒に書く差出人があるが、これがamazon.co.jpで中味の手紙の最後に書くのが本当のメアド。悪さをするやつは封筒の差出人に他人の名前を使っている。 続きを読む

カテゴリー: 危険メールや手紙、IP | コメントする