サブホストにNICを追加する

メインのホストにはNICは二つあるが、サブホストを新規で作ると一つしか作ってくれない?(もしかしてサブホストを作ってからNIC追加したかもしれない?)
なので、追加する。先ずはvirt-managerで該当サブホストの情報を表示し、ハードウエアの追加をクリックし(画像1)、表示されたウィンドウで画像2のように設定し、
完了をクリック。その後サブホスト自体を開き念のためIPを調べる
# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
  link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
  inet 127.0.0.1/8 scope host lo
   valid_lft forever preferred_lft forever
  inet6 ::1/128 scope host
   valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
  link/ether 52:54:00:c8:0a:a5 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  inet 192.168.0.66/24 brd 192.168.0.255 scope global noprefixroute enp1s0
   valid_lft forever preferred_lft forever
3: enp12s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
  link/ether 52:54:00:b0:8f:b0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
enp12s0が出来ているが、IPアドレスが設定されていないようなので、nmcliで調べる
# nmcli con show
NAME          UUID                                                               TYPE           DEVICE

enp1s0   91e215c6-d843-30f2-abd7-436c0bf89180      ethernet     enp1s0
lo             028c0332-d3c3-4a8d-a445-58cd166fa63e    loopback     lo

なのでenp12s0を作り設定していく
#
nmcli c add type ethernet ifname enp12s0 con-name enp12s0
接続 ‘enp12s0’ (1e9dd2b6-2cd9-43a7-aaf2-0648116edcee) が正常に追加されました。
#
nmcli c mod enp12s0 ipv4.address “192.168.135.66/24”
# nmcli c mod enp12s0 ipv4.gateway “192.168.135.1” 取り消し *1
# nmcli c mod enp12s0 ipv4.method manual
#nmcli c mod enp12s0 ipv4.dns 192.168.135.1 取り消し *1
# nmcli c up enp12s0
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/6)
*1 このNICはDRBDのレプリケーションのみに使用するのでgatewayやdnsは必要ない
# ip a
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
  link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
  inet 127.0.0.1/8 scope host lo
   valid_lft forever preferred_lft forever
  inet6 ::1/128 scope host
   valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp1s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
  link/ether 52:54:00:c8:0a:a5 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  inet 192.168.0.66/24 brd 192.168.0.255 scope global noprefixroute enp1s0
   valid_lft forever preferred_lft forever
3: enp12s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc fq_codel state UP group default qlen 1000
  link/ether 52:54:00:b0:8f:b0 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
  inet 192.168.135.66/24 brd 192.168.135.255 scope global noprefixroute enp12s0
   valid_lft forever preferred_lft forever
  inet6 fe80::341:223f:6316:cbc7/64 scope link noprefixroute
   valid_lft forever preferred_lft forever
# nmcli c show
NAME UUID TYPE DEVICE
enp1s0 91e215c6-d843-30f2-abd7-436c0bf89180 ethernet enp1s0
enp12s0 1e9dd2b6-2cd9-43a7-aaf2-0648116edcee ethernet enp12s0
lo 028c0332-d3c3-4a8d-a445-58cd166fa63e loopback lo
これでNICが無事追加された

フジマル について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: DRBDに挑戦(almalinux9), Linux運用時のメモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください