Displayの解像度を追加する

デフォルトで表示される解像度を見ると1920×1080になっているので、120×1200を追加する。(参考URL https://renoji.com/IT.php?Contents=OS_CentOS/Setting_Monitor.html
# xrandr → 現在設定されている解像度をチェック
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1920 x 1200, maximum 16384 x 16384
HDMI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VGA-0 connected primary 1920×1200+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 523mm x 293mm
1920×1080 60.00 +
1680×1050 59.95
1280×1024 75.02 60.02
1440×900 59.89
1280×720 60.00
1024×768 75.03 70.07 60.00
800×600 72.19 75.00 60.32 56.25
640×480 75.00 72.81 59.94
720×400 70.08
DVI-0 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
青字の所を控えておく

# cvt 1920 1200
# 1920×1200 59.88 Hz (CVT 2.30MA) hsync: 74.56 kHz; pclk: 193.25 MHz
Modeline “1920x1200_60.00” 193.25 1920 2056 2256 2592 1200 1203 1209 1245 -hsync +vsync
青地をコピーしておく
# xrandr –newmode “1920x1200_60.00” 193.25 1920 2056 2256 2592 1200 1203 1209 1245 -hsync +vsync
# xrandr –addmode VGA-0 “1920x1200_60.00”
# xrandr –output VGA-0 –mode “1920x1200_60.00”
これで、解像度が1920×1200になった。ただこれでは再起動すると設定が消えるので
# gedit /etc/gdm/Init/Default
#!/bin/sh

# Stolen from the debian kdm setup, aren’t I sneaky
# Plus a lot of fun stuff added
# -George

PATH=”/usr/bin:$PATH”
OLD_IFS=$IFS

xrandr –newmode “1920x1200_60.00” 193.25 1920 2056 2256 2592 1200 1203 1209 1245 -hsync +vsync
xrandr –addmode VGA-0 “1920x1200_60.00”
xrandr –output VGA-0 –mode “1920x1200_60.00”

gdmwhich () {
COMMAND=”$1″
以下省略

青地を追記
これで再起動後も解像度が1920×1200になる。

ただ、同じことをサブホストでやっても再起動で設定が消える
色々やったが分からなかった。多分KVMのサブホストはどこかに他の設定があるようだ。というもの後にある出来た時でもログインまでは設定の解像度ではない。

ということで、サブホストはもうひと手間いります。
アプリケーション → システムツール → 設定 で開いたウィンドウで“デバイス“をクリックし、右ペインの解像度をクリックすると設定のある解像度のリストが出てきますが、ここがデフォルトの設定になるのですが、ここをわざと他の解像度にして適用をクリック、再び設定したい解像度を選んで、適用をクリック。これでウィンドウを閉じ、再起動してもOKになります。多分適用を押した時にどこかにその解像度が書かれるとおもいます。

 

    カテゴリー: Linux運用時のメモ | コメントする

    DRBDに挑戦 ; バージョンを9.0にアップ その3

    いよいよdrbdを削除していきます。
    # rmmod drbd → drbd.koを削除
    # lsmod |grep drbd → 削除されているか確認。何も表示されずプロンプトが出ればOK
    # yum remove kmod-drbd84 → 私の場合は凄く時間がかかった。
    # yum remove drbd*  → drbd84-utils を削除
    # rpm -qa | grep drbd → 念の為、drbd関連が無いか確認。何も表示がなければOK

    そして、drbd9.0をインストールしていきます。
    # yum install kmod-drbd90 drbd90-utils → kmodのインストールに時間がかかった。
    # modprobe drbd → drbdのインストール
    # cat /proc/drbd → バージョンを調べる
    version: 9.0.22-2 (api:2/proto:86-116)
    GIT-hash: 719792f2cc1360c65c848ffdb66090959e27fde5 build by akemi@Build64R7, 2020-09-29 17:13:49
    Transports (api:16):

    メタデーターの変換。DRBD 8とDRBD 9では内部の形式が異なるため、drbdadm create-mdコマンドを実行して、メタデータを変換します。
    # drbdadm create-md r0
    –== Thank you for participating in the global usage survey ==–
    The server’s response is:

    you are the 31399th user to install this version
    You want me to create a v09 style flexible-size internal meta data block.
    There appears to be a v08 flexible-size internal meta data block
    already in place on /dev/vdd at byte offset 499826814976

    Valid v08 meta-data found, convert to v09?
    [need to type ‘yes’ to confirm] yes

    md_offset 499826814976
    al_offset 499826782208
    bm_offset 499811528704

    Found xfs filesystem
    488097196 kB data area apparently used
    488097196 kB left usable by current configuration

    Even though it looks like this would place the new meta data into
    unused space, you still need to confirm, as this is only a guess.

    Do you want to proceed?
    [need to type ‘yes’ to confirm] yes

    Writing meta data…
    New drbd meta data block successfully created.
    success
    最後にサクセスと表示されているので成功したようです。

    プライマリーとの同期をを再開。
    # drbdadm up r0
    # drbdadm status
    r0 role:Secondary
    disk:UpToDate
    smb0.kinryo.net role:Primary
    peer-disk:UpToDate
    セカンダリーとUpToDateになっているので同期しています。
    ちなみに、8.4で使っていた cat /proc/drbdではこの情報は出てきません。
    # crm_mon -1 → リソースの状態を調べる
    Node smb1: standby

    Online: [ smb0 ]
    Active resources:
    Resource Group: smbgroup
    vipcheck_res (ocf::myres:VIPcheck): Started smb0
    VirtualIP (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started smb0
    FS_DRBD0 (ocf::heartbeat:Filesystem): Started smb0
    SAMBA (systemd:smb): Started smb0
    NAMED (systemd:nmb): Started smb0
    Master/Slave Set: MS_DRBD0 [DRBD0]
    Masters: [ smb0 ]
    あれスタンバイのままだ
    # pcs cluster unstandby smb1 → smb1をオンラインにする

    # crm_mon -1 → 再び確認
    Stack: corosync
    Current DC: smb0 (version 1.1.23-1.el7_9.1-9acf116022) – partition with quorum
    Last updated: Thu Feb 4 15:45:54 2021
    Last change: Thu Feb 4 15:45:45 2021 by root via cibadmin on smb1
    2 nodes configured
    7 resource instances configured
    Online: [ smb0 smb1 ]
    Active resources:
    Resource Group: smbgroup
    vipcheck_res (ocf::myres:VIPcheck): Started smb0
    VirtualIP (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started smb0
    FS_DRBD0 (ocf::heartbeat:Filesystem): Started smb0
    SAMBA (systemd:smb): Started smb0
    NAMED (systemd:nmb): Started smb0
    Master/Slave Set: MS_DRBD0 [DRBD0]
    Masters: [ smb0 ]
    Slaves: [ smb1 ]
    やっと、両方共オンラインになった。
    へーーー smb0が8.4でsmb1が9.0でも動くんだ!!

    これでsmb1が9.0になったので、smb0を同じようにやっていきます。

      カテゴリー: DRBDに挑戦(CentOS7) | 1件のコメント

      DRBDに挑戦 ; バージョンを9.0にアップ その2

      yumでdrbdをインストールする為にelrepoをインストールしますが、これは8.4をインストールする時にやっていますのでまだの方はここを参考にしてインストールしてください。先ずはインストールされているCentOSのバージョンをチェック
      # cat /etc/redhat-release
      CentOS Linux release 7.9.2009 (Core)
      と7.9がインストールされています。次にdrbdのバージョンは
      # yum list installed |grep drbd
      drbd84-utils.x86_64       9.12.2-1.el7.elrepo            @elrepo
      kmod-drbd84.x86_64     8.4.11-1.2.el7_8.elrepo     @elrepo
      elrepoに何があるか確認。https://elrepo.org/linux/elrepo/el7/x86_64/RPMS/ を調べると
      drbd90-utils-9.12.2-1.el7.elrepo.x86_64.rpm
      kmod-drbd90-9.0.22-3.el7_9.elrepo.x86_64.rpm
      がありました。(7.8用のkmodもあった)

      これで下調べが終わりましたので、早速アップデートにかかりますが、
      https://blog.drbd.jp/2020/07/drbd-8_to_drbd-9/ を参考にして行きます。
      まずはどっちのノードがオンラインか調べてスレーブ側をスタンバイにします。
      # pcs status
      Cluster name: mycluster
      Stack: corosync
      Current DC: smb1 (version 1.1.23-1.el7_9.1-9acf116022) – partition with quorum
      Last updated: Tue Feb 2 18:30:35 2021
      Last change: Tue Feb 2 16:50:18 2021 by root via cibadmin on smb0

      2 nodes configured
      7 resource instances configured

      Online: [ smb0 smb1 ]

      Full list of resources:

      Resource Group: smbgroup
      vipcheck_res (ocf::myres:VIPcheck): Started smb0
      VirtualIP (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started smb0
      FS_DRBD0 (ocf::heartbeat:Filesystem): Started smb0
      SAMBA (systemd:smb): Started smb0
      NAMED (systemd:nmb): Started smb0
      Master/Slave Set: MS_DRBD0 [DRBD0]
      Masters: [ smb0 ]
      Slaves: [ smb1 ]

      Daemon Status:
      corosync: active/enabled
      pacemaker: active/enabled
      pcsd: active/enabled
      とsmb0がマスターですので
      # pcs cluster standby smb1
      でスタンバイさせる。pcs statusでsmb1がstandbyになっている事を確認

      長くなってきたのでその3へ

        カテゴリー: DRBDに挑戦(CentOS7) | コメントする

        DRBDに挑戦 ; バージョンを9.0にアップ その1

        ここいらでDRBDのバージョンを上げようと思う。その際の手順を示す

        1. インストールされているdrbdを調べる
        2. スレーブをスタンバイ
        3. drbd8.4を削除する
        4. drbd 9.0をインストール
        5. メタデーターの変換
        6. クラスターシステムの復旧
        7. もう一方のノードをバージョウンアップ(1から6をやる)

        こんな感じで進めて行きます。

          カテゴリー: DRBDに挑戦(CentOS7) | コメントする

          DRBDに挑戦 ; よく使うコマンド:9

          すぐ忘れるのでメモ

          PCS エラーの消去:pcs resource cleanup

          スタンバイ:  pcs cluster standby all

          アンスタンバイ:pcs cluster unstandby all

          スプリットブレイン解消:
              cs:standalone ro:secondaryを確認
              drbdadm — –discard-my-data connect r0
              もう一方を drbdadm connect r0

            カテゴリー: DRBDに挑戦(CentOS7) | コメントする

            KVMで作ったサブホストで日本語の切り替えに漢字キーが使えない

            色々いじったが原因が分からないので暫くほって置いた。この時の状況は漢字キー(全角半角)とひらがな/カタカナが効かないだけで、画像2にあるように Alt+@ではひらがな入力と英数入力が押すたびにトグルするので日本語から英語に行ったり来たりは出来るが、二ツのキーを押すのと、この切り替えは漢字キー一つでやるのに慣れているので、どうも面倒臭い。

             

             

            しばらくして、サブホストの設定を見直している時に”はっ”と気が付いた。

             

            画像1はサブホストの設定画面である(これは仮想マシンマネージャーのsmb0を選び”開くアイコン”をクリックし、赤いアンダーラインのある”電球”をクリックし、”ディスプレー Spice”を選んだもの)このキー配列に”ja”を選び、適用をクリックすると、無事サブホストでも、漢字キーで日本語/英語の切り替えができるようになった。

              カテゴリー: Linux運用時のメモ | コメントする

              一週間も経たないのにまたAMAZONが語られる危険メール

              いつも言っているが、メールを見るときは

              1:差出人を見る事(画像の1)。今回は本文はアマゾンと言っておきながら、差出人はアマゾンでない info@em2302.kt.city。今回はこれですぐわかるが、ここは偽装ができるので、amazonになっていたり、自分のメアドになっていたりする。

              2:これが一番大事。画像2をクリックするとそこに飛ぶのだが、どこに飛ぶかを確認できる。それにはマウスをオレンジの確認用アカウントの上に持っていく(絶対にクリックしてはいけない、)と、画像の3の下に赤線のアンダーラインで示した所が実際に飛ぶ場所。https://u7815977.ct.sendgrid.net にとぶ。ほーらここはあまぞんでないよー これはTHUNDERBIRDというメールソフトの場合だが、ほかの物でも必ずどこかに表示される筈。

                カテゴリー: 危険メールや手紙、IP | コメントする

                またまたアマゾンが語られる(狙われてるなー)

                コロナの自粛生活の為かまたまたAMAZONが語られている。

                この所悪さをする奴のやり方が巧妙になって来ている。は差出人だが偽造である。なんでこのアドレスが使われたか?実はこのWEBに良くアクセスし、その確認メールがくるがそのメアドが noreply@info.yachin-shien.go.jp である。と言う事は敵は私のメアドをウォッチしている事になる。気味が悪いけど防ぎようは無さそう。ちなみに昔はここが出鱈目なアドレスを使っていたが、最近のメールサーバーは差出人のアドレスが存在するかチェックをしていることが多いので、このように実際にあるメアドに偽装している。良くあるのは自分のメアドになっている。

                問題はの所をクリックさせたいのだろうが、これが問題、ここにマウスを持って来ると実際に飛ぶアドレスが左下のに表示される(メールソフトはサンダーバードだが、ほかのソフトでも同じようなものが出る筈)ここには
                https://www.amazboc.club/
                となっている。はーー amazboc.club  よくもamazonに似たようなドメインだがここはアマゾンでは無い。ここをクリックすると、あなたは彼らの餌食になるよ!!!

                何度もこのWEBに書いているが、クリックする場所にマウスを持って行き、このように表示されたとび先を必ずチェックしてね。

                蛇足だが、上のようなとび先はURLと呼ばれ、このURLは一文字でも違うと別のURLとして登録出来てしまう。なので悪さをする奴は似たようなURLを登録している。

                  カテゴリー: 危険メールや手紙、IP | コメントする

                  4:設定時に躓いた事

                  メールソフト(thunderbird)の設定ミス 最初はvirtual domain でなく単独のメールサーバーでテストをし、その後virtual domainを導入していました。virtual domain 関連の設定をしたが、如何してもdovecot にログイン出来無い。その時のログは

                  Jan 08 10:09:00 auth-worker(13946): Info: sql(otake,xxx.xxx.xx.xx,<i1aZM1m4qOig7U0V>): unknown user
                  Jan 08 10:09:06 auth-worker(13946): Info: sql(otake,1xxx.xxx.xx.xx,<i1aZM1m4qOig7U0V>): unknown user
                  Jan 08 10:09:12 auth-worker(13946): Info: sql(otake,xxx.xxx.xx.xx,<i1aZM1m4qOig7U0V>): unknown user
                  Jan 08 10:09:14 imap-login: Info: Disconnected (auth failed, 3 attempts in 14 secs): user=<otake>, method=PLAIN, rip=xxx.xxx.xx.xx, lip=192.168.xx.xx, TLS, session=<i1aZM1m4qOig7U0V>

                  これはvirtual の設定をした後なので、ユーザー名の後にドメインが無いのがおかしい。dovecot の設定を色々見たが判らない。やっとの事でメールソフト側の問題である事が分かり thunderbirdのサーバー設定のユーザー名(N):にユーザー名@ドメイン名 とし、同じ様に、送信(SMTP)サーバーの設定のユーザー名(M):に同じものを設定設楽ログイン出来た。

                  メールの保存が本来と違う所に出来てしまう 私の場合、メールの保存場所は /Mail/ドメイン名/ユーザー名(ドメイン無し)だが、送信メールは本来の場所に保存されているが、dovecotでログインすると/Mail/ドメイン名/ユーザー名@ドメイン名が出来てそこを参照している。postfix は正常なので、dovecotの設定が間違えている筈。local.confの mail_location = maildir:/Mail/%d/%u になっていた。最後の%uはユーザー名@ドメイン名を指すのでこれが原因、ココの最後の %u を %n に変更したら正常になった。

                  dovecotにログイン出来無い これは結論から言うとpostfixadmin とdovecotの暗号化の違いが原因。これはhttps://www.kinryo.net/?p=1997 を参照して下さい

                  apacheの Alias の設定が出来無い /etc/httpd/conf.d/postfixadmin.conf を設定している時、本来の場所に飛ばない。この設定は
                  Alias /postfixadmin “/サーバーのルート/postfixadmin/public”としているが、どうしても最後のPublicでは無く、postfixadminに行ってします。これには二日間も原因が解らなかった。仕方無くアパッチの本家にアクセスし(http://httpd.apache.org/docs/2.2/ja/mod/mod_alias.html)このページの処理の順番を見て、もしやと思い、/etc/httpd/conf.d/ を探すと、在った。如何してこんな所に書いたか全くおかしいが、awreport.conf にAlias /postfixadmin “/サーバーのルート/postfixadmin の記入がある。しかもこのファイルはpostfixadmin.confより前にあるので、ここでヒットし、public に飛ばなかった!!!

                    カテゴリー: メールサーバーに挑戦 | コメントする

                    3:postfixadminのインストールと設定

                    ダウンロードはhttps://sourceforge.net/projects/postfixadmin/にReleased /postfixadmin-3.3.2/PostfixAdmin 3.3.2 – bug fix.tar.gzがありましたのが、私がインストールした時は3.2でしたので、この分の設定です。postfixadmin ディレクトリーを保存した所に INSTALL.TXT がありますのでこれに従って設定して行きますが、postfixadminへのアクセスの為にapacheの設定をします。/etc/httpd/conf.d/ にpostfixadmin.conf というファイルを作成
                    # gedit /etc/httpd/conf.d/postfixadmin.conf

                    Alias /postfixadmin "/xxxxxxxx/xxxxx/kinryo/postfixadmin/public"
                    
                    <Location "/postfixadmin">
                    	Require all denied
                    	Require ip 127.0.0.1
                    	Require ip 192.168.xx.xx/24
                    	Require all granted
                    </Location>

                    一部に伏せ字があります。この設定は自分のネットワークからのみアクセスを許可しています。
                    # systemctl reload httpd
                    とし、設定を反映。

                    次はデーターベースの制作 (mysql(mariadb)自体は既にインストール済みです)
                    データーベースは mysql(mariadb)
                    其ユーザーは postfixadmin
                    データーベース名は postfix として作成
                    # mysql -u root -p
                    パスワードを入力
                    MariaDB [(none)]> create database postfix;
                    MariaDB [(none)]>grant all privileges on postfix.* to postfixadmin@localhost identified by ‘postfixadminのパスワード’;
                    MariaDB [(none)]>quit
                    作成したユーザーパスワードでログインできることを確認
                    # mysql -u postfixadmin -p
                    パスワードを入力

                    postfixadminはconfig.inc.phpと同じ場所に config.local.php というファイルを置いておくとデフォルトをオーバーライドしてくれるので、早速作成
                    # gedit /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin/config.local.php


                    <?php
                    $CONF['database_type'] = 'mysqli';
                    $CONF['database_user'] = 'postfixadmin';
                    $CONF['database_password'] = 'xxxxxxxxxx';
                    $CONF['database_name'] = 'postfix';
                    
                    $CONF['configured'] = true;
                    $CONF['default_language'] = 'ja';
                    ?>

                    次は、template_c ディレクトリーの作成
                    # mkdir /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin/template_c
                    postfixadmin ディレクトリー以下のオーナーをapacheにする。
                    # chown -R apache. /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin

                    そしてブラウザで ドメイン/postfixadmin/setup.phpにアクセス

                    この画面は全く初めてアクセスすると上の画面とは若干違う(好画面は二回目以降の画面)ここで、管理者に自分のメールアドレスを入力し、設定するパスワードを二回入れ、管理者をクリックすると

                    赤字の最後の行の $CONF[‘setup_password’] で始まる行をconfig.local.phpにコピー

                    <?php
                    $CONF['database_type'] = 'mysqli';
                    $CONF['database_user'] = 'postfixadmin';
                    $CONF['database_password'] = 'XXXXXXXXX';
                    $CONF['database_name'] = 'postfix';
                    
                    $CONF['configured'] = true;
                    $CONF['default_language'] = 'ja';
                    
                    $CONF['setup_password'] = '07dfece4c2cce2b07b8bb1b8b477310b:7ab14259fc21b0e3a79610c5386d3f76a3f06c0a';
                    ?>

                    これで、 ドメイン/postfixadmin にアクセスすると
                    そして、メアドとパスワードを入れ、ログインをクリックすると

                    これで、ドメインやメアドなどが作れる。

                      カテゴリー: メールサーバーに挑戦 | コメントする