サブホストをクローンで作成した時の注意点(CentOS7)

WEBサーバーのテストベンチをクローンで作成したら、下記の設定がダブっていた。
1:rootになるディスクのUUID(vda1 ファイルシステムはXFS)
2:ホスト名
3:IPアドレス

先ずはUUIDの変更だが、KVMでサブホストを作ると必ず領域の中に更に領域(DISK)を作る。多分イメージファイルで作成することを考えてだと思うが、私はLVMで作るのでこんな複雑さはいらないが、どうしようもない。
なのでUUIDを変更するにはvda1になる領域を下記の様に作成する
# lesetup -f       (空いている番号を調べる)
/dev/loop7        (loop7 からあいているので)
# losetup /dev/loop7 /dev/VG名/LV名    (loop7 にディスクを割あて)
# kpartx -a /dev/loop7   (vda1を作る)
# ls /dev/mapper
xxxx xxxxx xxxxx loop7p1  (いろいろ出てくるが loop7p1 がvda1になるディスク)
# xfs_admin -U `uuidgen` /dev/mapper/loop7p1  (これで新しいUUIDが割り当てられる。`uuidgen` の ` は 日本語キーボードだとSHIFT +@)
# blkid    (でloop7p1 のUUIDが新しくなっているはず)
UUIDが変わったのでブートの設定を変更するので、マウントする。
# mount /dev/mapper/loop7p1 /test1    (/test1 は私が作成しているテスト用のマウントポイント)
# gedit /test1/boot/grub2/grub.cfg   (ここに古いUUIDがあるので、全て新しく設定したUUIDに変更する。
実はこれだとブートに失敗する。
いろいろと悩んだが原因が判らない、エラー画面が表示されるが最初の画面はいっぱい出てくるエラー表示で見えなくなっている!!
一様ディスクの修復をやってみる。まずはマウントを外す。
# umount /dev/mapper/loop7p1   (umount /test1 だとマウントは外れなかった)
# xfs_repair /dev/mapper/loop7p1
とすると何やらいっぱい出てきて、修復が終了した。
その後、後始末
# kpartx -d /dev/loop7
# losetup -d /dev/loop7
これで無事ブートが成功した。

次はホスト名の変更だが、再度loop7p1を作成し、/test1 にマウントする。
# gedit /test1/etc/hostname        (現在のホスト名を新しいホスト名にして保存)

次はIPアドレスの変更。
# gedit /test1/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
開いたウィンドウにIPADDR=があるので、設定したいIPアドレスに変更。
もし UUIDの設定が入っていたらコメントアウトすること。ココもDUPEしているが、コメントアウトしても問題ない。

これで後始末を(umount, kpatrx, losettup)をしてクローンしたサブホストを起動する。

カテゴリー: Linux運用時のメモ | コメントする

SMBCを騙った危険メール


上の画像を見てもらいたい。左上の方の差出人と宛先に注目すると、同じである。
という事は自分から自分に送っている事になるが、もちろん私は送っていない。
何故このような事をするかと言うと昔は差出人が出鱈目なアドレスになっていたが、今は差出人が存在するかチェックしているメールサーバーが多いので、出鱈目なアドレスは破棄されるので、このような事をする。又、差出人は偽装できるので、信用しない事。

次にここが一番大切だが、緑地のご利用確認はこちらにマウスを持って来ると、左下に小さくリンク先が表示される(これはサンダーバードというメールソフトの場合、他のソフトでも何処かに表示が出ると思うが?)つまりクリックすると
amacon.serviy-jp.ccという所に飛ぶ!!ここはSMBCではないし、.cc というドメインは
オーストラリアココス諸島に割り当てられているという。こんなところにSMBCがあるはずがない。

正式なSMBCカードのログインのURLは https://www.smbc-card.com/mem/index.jsp
である。


上の画像はヘッダーと呼ばれている部分を全部印刷したものである。赤線の所がこのメールを最初に送ったURLだが、最後のドメインがIPアドレスなので調べると香港から来たものであった。ここの意味は このメール(be-bell@munemasa.jp)がメールサーバー(IPアドレスが 175.41.18.74)から発信されたという事、なのでこれが送り主。

カテゴリー: 危険メールや手紙、IP | コメントする

Baculaの設定ファイルのチェック

baculaの設定ファイルが正しいのかチェックする方法がないかと探したらhttps://qiita.com/ksawada1979/items/bfa6b77e848d144527db にあった

# bacula-dir -t -c /etc/bacula/bacula-dir.conf
# bacula-fd -t -c /etc/bacula/bacula-fd.conf
# bacula-sd -t -c /etc/bacula/bacula-sd.conf
# bconsole -t -c /etc/bacula/bconsole.conf

なので、bacula-dir.confをチェックすると
bacula-dir: dird.c:1015-0 Could not open Catalog “MyCatalog”, database “bacula”.
bacula-dir: dird.c:1020-0 postgresql.c:248 Unable to connect to PostgreSQL server. Database=bacula User=bacula
Possible causes: SQL server not running; password incorrect; max_connections exceeded.
15- 8月 16:02 bacula-dir ERROR TERMINATION
Please correct configuration file: /etc/bacula/bacula-dir.conf
と表示された。あれ!mariadbを使っている筈なのにpostgresql.cになっている。
どうしてこうなったか原因は不明だが、
# alternatives –set libbaccats.so /usr/lib64/libbaccats-mysql.so
と入力するとエラーが無くなった。

カテゴリー: Baclua(バックアップ)に挑戦 | コメントする

DRBDで standalone から connected にならない。

DRBDで動いているファイルサーバーの1台(secondary)が頻繁にdiskless になる。ディスクはSSDを使用していて、エラーの内容は
Device: /dev/sdc [SAT], 157 Offline uncorrectable sectors
Device: /dev/sdc [SAT], 11 Currently unreadable (pending) sectors
と2通のメールが来る。Currently unreadable (pending) sectors は修正可能なエラーだが、このSSD(シリコンパワー SSD 512GB)経験上あまり良くないので、新しいSSDに交換する事にした。現在はds:UpToDate/UpToDate だが、念の為ディスクを外す。
# drbddm detach r0 (r0はリソース)
その後、シャットダウン。新しいSSDにパーティションを切って、元のディスクと同じvdc1にして、サブホストを起動。(KVMを使用したサブホストとして動いている)

あれー!!!コピーが始まらないぞー!
調べたら、コレで始まるはずだが? 早速調べる。
# pcs status
2 nodes configured
7 resource instances configured
Online: [ smb3 smb4 ]
Full list of resources:
Resource Group: smbgroup
vipcheck_res (ocf::myres:VIPcheck): Started smb3
VirtualIP (ocf::heartbeat:IPaddr2): Started smb3
FS_DRBD0 (ocf::heartbeat:Filesystem): Started smb3
SAMBA (systemd:smb): Started smb3
NAMED (systemd:nmb): Started smb3
Master/Slave Set: MS_DRBD0 [DRBD0]
Masters: [ smb3 ]
Slaves: [ smb4 ]
Daemon Status:
corosync: active/enabled
pacemaker: active/enabled
pcsd: active/enabled
になっており、特にエラーは出ていない。
# cat /proc/drbd
0: cs: WFConnection ro:Secondary/Unknown ds:Inconsistent/DUnknown
で、プライマリー側は
0: cs:StandAlone ro:Primary/Unknown ds:UpToDate/DUnknown
となっているので、プライマリー側で
# drbdadm connect r0
エラーは無くプロンプトに戻るけど
# cat /proc/drbd
で見ても
0: cs:StandAlone ro:Primary/Unknown ds:UpToDate/DUnknown
となっており、本来なら cs:SyncSource になる筈だが StandAlone のままだ!
これには数時間を費やしたが原因が分からない。
やっとLOGを見てみようと気が付いた。そのログ(/var/log/messages)が
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: conn( WFConnection -> WFReportParams )
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: Starting ack_recv thread (from drbd_r_r0 [23143])
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: block drbd0: The peer’s disk size is too small! (999958656 < 1000171640 sectors)
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: conn( WFReportParams -> Disconnecting )
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: error receiving ReportSizes, e: -5 l: 0!
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: ack_receiver terminated
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: Terminating drbd_a_r0
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: Connection closed
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: conn( Disconnecting -> StandAlone )
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: receiver terminated
Aug 11 12:46:04 smb3 kernel: drbd r0: Terminating drbd_r_r0
対向のディスクサイズが小さ過ぎるだと、
primary(smb3)のサイズは 476.93GiB
secondary(smb4)のサイズは 476.83GiB となっており、ほんのわずかに小さい。
これが原因でコピーが始まらなかった!!
なので、smb4のディスクを作り直して(前はGBで作ったが、今度はGiB で指定して作成)その後ホストをオンラインにすると自動的にコピー(シンクロナイズ)が始まった。つまりメタデーターさえも作る必要は無いのだ。
ただ、始まりの時間を忘れたので憶測だが、3時間半で64.9%と出ているので、後、数時間はかかりそうだ!!

カテゴリー: DRBDに挑戦(CentOS7) | コメントする

Rails ActionView::SyntaxErrorInTemplate


View の Template でエラーがでているとの事ですので、app/views/questionary/index.html.erb 調べると
赤線の所に)が足りない。これも単純なミスだなー。

カテゴリー: Rails 初心者の犯したエラー | コメントする

Rails ArgumentError


このエラーも簡単。エラー箇所が表示されている。エラーメッセージはQuestionariesController#index となっているが、エラー箇所は app/models/questionary.rb で、下の青線の所を validates に訂正すればよい。
これも矢つ張りスペルミス!!

カテゴリー: Rails 初心者の犯したエラー | コメントする

Rails Template is missing


テンプレートが無いのか?これは簡単。エラーメッセージの中に答えがある。
Missing template layouts/question とあるので、app/views/layoutsの中に question が無いと言っている。ここには questions.html.erb があるので、コントローラーでの指定が間違っている。

私の犯しているミスは殆どがスペルミスだなー!!

カテゴリー: Rails 初心者の犯したエラー | コメントする

またまたAMAZONが語られた危険メール


中国から危険なメールがまた来た!!いつも言っているが、メールは差出人のドメインとクリックする場合に飛ぶURL(場所)を必ず確認する事。
このメールの差出人のドメインは wezrehy.cn
で、クリックして飛ぶURLは serveirc.com である。どちらもamazon では無いし、送信者と飛び先が違うのもいかにもという感じだ!!!

wezrehy.cn 調べるとWEBサイトを持っていない。おそらくこのメールを送るために作っただけのドメイン。何故かと言うと今の殆どのメールサーバーはドメインが存在するかチェックをするから。飛び先のURLもserviceにrを足したいかにもな感じのドメイン。怪しさ満載である。

 

カテゴリー: 危険メールや手紙、IP | コメントする

Rails ActiveRecord::AssociationNotFoundError


このエラーには手を焼いた。controller や view を色々チェックしても皆正しい。今覚えばエラー表示をよく見ると、AssociationNotFoundError と書いてあるので原因がすぐ判る筈だが。教訓エラー表示をよく見る事。というわけで app/models/blogpost.rb を開き

この様に訂正。

カテゴリー: Rails 初心者の犯したエラー | コメントする

Rails Sprockets::Rails::Helper::AssetNotFound


エラーが出ている所を見るとblog が複数になっていないので、app/views/blogs.html.erb を開き

赤線の所を blogs に訂正

もう一つの同じ様なエラー

これも答えが書いてある。アセット/パイプラインに questions.js が無いと言っている。config/initializers の assets.rb に questions.js を登録するのを忘れている!!

その後、rails s でサーバーを再起動(assets.rb は プリコンパイルが必要)

カテゴリー: Rails 初心者の犯したエラー | コメントする