2:dovecotの設定

dovecotの認証はmysql(mariadb)を使います、SSLはletsencryptを使用、ログはデフォルトのmail.logでは無くdovecot.logにする。imapとpop3の設定が入っているが、pop3はファイヤーウォールで禁止しています。SMTP認証もdovecot側でやります。
メールの保存場所には新規に作った50GBの領域である /Mail にドメイン/ユーザー名(メアドの@より前の部分)として保存、ここをアクセスするユーザーは新規にvmailというユーザーを作成し、其UID、GIDを10000とし、このユーザーでメールの保存などをする。
dovecotは、/etc/dovecot/local.conf を作る事でデフォルトの設定を変更できます。
まずはlocal.confを有効にする為に /etc/dovecot.conf の最後に !include_try local.conf を書き入れます。次に /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf を変更
#!include auth-system.conf.ext 先頭に#を入れてコメントアウト(これはシステムのログインを使う場合なので今回はコメントアウト)
!include auth-sql.conf.ext の先頭の#を削除し有効化。
次に、local.confを作成
# gedit /etc/dovecot/local.conf
protocols = imap pop3
listen = *
login_greeting = ready.
syslog_facility = local5
log_path = /var/log/dovecot.log
ssl = yes
ssl_cert = </etc/letsencrypt/live/mail.kinryo.net/fullchain.pem
ssl_key = </etc/letsencrypt/live/mail.kinryo.net/privkey.pem
mail_location = maildir:/Mail/%d/%n
first_valid_uid = 10000
first_valid_gid = 10000
mail_uid = 10000
mail_gid = 10000
#auth_mechanisms = plain
auth_mechanisms = plain login cram-md5
service auth {
     unix_listener /var/spool/postfix/private/auth {
          mode = 0660
          user = postfix
          group = postfix
          }
}
#protocol imap {
#     mail_plugins = quota imap_quota
#}
#protocol pop3 {
#     mail_plugins = quota
#}
#auth_verbose = yes
#auth_debug = yes

quotaは現時点では未使用(将来の為)、最後のauthから始まる二行はデバッグをするときに有効にする。ドメインやユーザーの作成はpostfixadminから行いますが、その際パスワードの暗号化を同じにするために、auth_mechanisms = plain login cram-md5 を入れてあります。ここはcram-md5 だけでいいと思いますが、未検証です。また、postfixadmin側の暗号化をcram-md5にするために、postfixadminの下にある config.inc.phpに
//$CONF[‘encrypt’] = ‘md5crypt’; の下に
$CONF[‘encrypt’] = ‘dovecot:CRAM-MD5’; を記入し保存。これでパスワードの暗号化がcram-md5になる。次にmysql(mariadb)関連の設定
# gedit /etc/dovecot/dovecot-sql.conf.ext

driver = mysql
connect = host=localhost dbname=postfix user=postfix password=fwge6500!
default_pass_scheme = PLAIN
user_query = select concat('/Mail/', maildir) as home, 10000 as uid, 10000 as gid FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1';
password_query = SELECT password FROM mailbox WHERE username = '%u' AND active = '1';

次はpostfixadminのインストールと設定。3:postfixadminのインストールと設定を参照

    f-otake について

    1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
    カテゴリー: メールサーバーに挑戦 パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください