3:postfixadminのインストールと設定

ダウンロードはhttps://sourceforge.net/projects/postfixadmin/にReleased /postfixadmin-3.3.2/PostfixAdmin 3.3.2 – bug fix.tar.gzがありましたのが、私がインストールした時は3.2でしたので、この分の設定です。postfixadmin ディレクトリーを保存した所に INSTALL.TXT がありますのでこれに従って設定して行きますが、postfixadminへのアクセスの為にapacheの設定をします。/etc/httpd/conf.d/ にpostfixadmin.conf というファイルを作成
# gedit /etc/httpd/conf.d/postfixadmin.conf

Alias /postfixadmin "/xxxxxxxx/xxxxx/kinryo/postfixadmin/public"

<Location "/postfixadmin">
	Require all denied
	Require ip 127.0.0.1
	Require ip 192.168.xx.xx/24
	Require all granted
</Location>

一部に伏せ字があります。この設定は自分のネットワークからのみアクセスを許可しています。
# systemctl reload httpd
とし、設定を反映。

次はデーターベースの制作 (mysql(mariadb)自体は既にインストール済みです)
データーベースは mysql(mariadb)
其ユーザーは postfixadmin
データーベース名は postfix として作成
# mysql -u root -p
パスワードを入力
MariaDB [(none)]> create database postfix;
MariaDB [(none)]>grant all privileges on postfix.* to postfixadmin@localhost identified by ‘postfixadminのパスワード’;
MariaDB [(none)]>quit
作成したユーザーパスワードでログインできることを確認
# mysql -u postfixadmin -p
パスワードを入力

postfixadminはconfig.inc.phpと同じ場所に config.local.php というファイルを置いておくとデフォルトをオーバーライドしてくれるので、早速作成
# gedit /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin/config.local.php


<?php
$CONF['database_type'] = 'mysqli';
$CONF['database_user'] = 'postfixadmin';
$CONF['database_password'] = 'xxxxxxxxxx';
$CONF['database_name'] = 'postfix';

$CONF['configured'] = true;
$CONF['default_language'] = 'ja';
?>

次は、template_c ディレクトリーの作成
# mkdir /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin/template_c
postfixadmin ディレクトリー以下のオーナーをapacheにする。
# chown -R apache. /WEBのルートディレクトリ/postfixadmin

そしてブラウザで ドメイン/postfixadmin/setup.phpにアクセス

この画面は全く初めてアクセスすると上の画面とは若干違う(好画面は二回目以降の画面)ここで、管理者に自分のメールアドレスを入力し、設定するパスワードを二回入れ、管理者をクリックすると

赤字の最後の行の $CONF[‘setup_password’] で始まる行をconfig.local.phpにコピー

<?php
$CONF['database_type'] = 'mysqli';
$CONF['database_user'] = 'postfixadmin';
$CONF['database_password'] = 'XXXXXXXXX';
$CONF['database_name'] = 'postfix';

$CONF['configured'] = true;
$CONF['default_language'] = 'ja';

$CONF['setup_password'] = '07dfece4c2cce2b07b8bb1b8b477310b:7ab14259fc21b0e3a79610c5386d3f76a3f06c0a';
?>

これで、 ドメイン/postfixadmin にアクセスすると
そして、メアドとパスワードを入れ、ログインをクリックすると

これで、ドメインやメアドなどが作れる。

    f-otake について

    1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
    カテゴリー: メールサーバーに挑戦 パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください