再起動したらpostfixがスタートしない!

今日、再起動したらメールサーバーが動いていない。サーバーにログインして
# systemctl status postfix
とし確認したら矢張りスタートしていない。では
# systemctl is-enabled postfix
enabled
だ。なのでOS起動時にpostfixも起動する筈。何で動いていない。なのでCentOS7の起動を調べる
$ systemd-analyze plot > systemd.svg
で systemd.svg を画像ビュアーで開くと

あれ、postfixでは無くsendmailが起動している!(理由は不明)なので
# alternatives –config mta
2 プログラムがあり ‘mta’ を提供します。
選択 コマンド
———————————————–
*+ 1 /usr/sbin/sendmail.sendmail
2 /usr/sbin/sendmail.postfix
Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:2
矢つ張り、sendmailを選んでいる(どうしてこうなったかは不明)なので 2 を入力しmtaをpostfixにして、OSを再起動したら無事postfixが起動するようになった。

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: Linux運用時のメモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください