Baculaの設定ファイルのチェック

baculaの設定ファイルが正しいのかチェックする方法がないかと探したらhttps://qiita.com/ksawada1979/items/bfa6b77e848d144527db にあった

# bacula-dir -t -c /etc/bacula/bacula-dir.conf
# bacula-fd -t -c /etc/bacula/bacula-fd.conf
# bacula-sd -t -c /etc/bacula/bacula-sd.conf
# bconsole -t -c /etc/bacula/bconsole.conf

なので、bacula-dir.confをチェックすると
bacula-dir: dird.c:1015-0 Could not open Catalog “MyCatalog”, database “bacula”.
bacula-dir: dird.c:1020-0 postgresql.c:248 Unable to connect to PostgreSQL server. Database=bacula User=bacula
Possible causes: SQL server not running; password incorrect; max_connections exceeded.
15- 8月 16:02 bacula-dir ERROR TERMINATION
Please correct configuration file: /etc/bacula/bacula-dir.conf
と表示された。あれ!mariadbを使っている筈なのにpostgresql.cになっている。
どうしてこうなったか原因は不明だが、
# alternatives –set libbaccats.so /usr/lib64/libbaccats-mysql.so
と入力するとエラーが無くなった。(気を付けて!–set の – は二つ)

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: Baclua(バックアップ)に挑戦 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください