また、AMAZONを騙った危険なメールが来た

このメールは一目で危険なメールだと判る理由は差出人と相手先(受取人)が同じで、自分になっている。こんなメールは送ってない。

何度も言うが、差出人は偽造できる。昔はでたらめなメアドを入れていたが、今ではほとんどのメールサーバーが差出人が存在するかチェックをしているので、でたらめなメアドは使用できなくなってきているので、受取人のメアドと同じにすればこれをかいくぐれるからこのようなことになっている。

まず、あれと思ったら、必ず差出人(送信者)をチェックする事。自分なら記憶がある筈。

上の画像はメールヘッダーと呼ばれている物を詳細に表示したものだが、これは下の赤線のサーバー(cloud-mail.jp がドメインだから、これはアマゾンじゃ無い。)から上の赤線のサーバー経由で私の所に来た。

    f-otake について

    1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
    カテゴリー: 危険メールや手紙、IP パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください