超音波洗浄機が壊れた。

もう何年も使っている超音波洗浄機が壊れた。現象は外観写真の数字部分が薄く点滅していた。

写真を見て頂きたい、分解して取り出した基盤に色が変わっているところがある。故障した時にまず疑うのは半導体、昔は電解コンデンサーの容量抜けがあったが、近ごろはめったにないなー。色が変わっていると言う事は熱が上がったと言う事。早速このトランジスターを取り出すと、SS8050というNPNのトランジスターだった。こんなものは持っていない。手持ちは2SC1815だ。調べるとPINの位置が違う、8050はEBCという並びだが1815はECBの並びなので真ん中の線に絶縁チューブをかぶせ、ねじって挿入した。ちなみに写真は直してから撮ったので写っているのは2SC1815。この辺の回路は全部は追ってないが、TRのベースにツェナーダイオードらしきものがグランドに繋がっているので、多分簡易の定電圧回路だろう。一番右の白いコネクターは、装置前面にある、SWと表示器に行くコネクター。

早速組み立て直して通電すると、見事に復活した。しめしめ。

    f-otake について

    1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
    カテゴリー: その他 パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください