httpが自動的にhttpsになる

 

webの設定をしている時、まだhttpsにはしないでテストが完了した時点で、リダイレクトする。と言う事でhttpアクセスしても自動的にhttpsになってしまう。もちろんapache(httpd)にはリダイレクトの設定はしていないのに!!
色々悩んだら近頃のWEBブラウザはHTTP Strict Transport Security (略称 HSTS)と呼ばれる機能がブラウザに組み込まれていて、自動的にhttpsアクセスしまうそうな!
私はAlma Linux9を使っていたので、ブラウザにはデフォルトのfirefoxを使っている。
その機能を無効にする方法
Ctrl + Shift + H キーを押して、履歴一覧を表示します。
目的のドメインを右クリックし、[このサイトの履歴を消去] を選択します。

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: Linux運用時のメモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください