作った覚えのない #mysql50#.Trash-0 ができている!

ある時 mariadb(10.7.3)で
MariaDB [(none)]> show databases;とすると#mysql50#.Trash-0 というデーターベースができている! こんなの作ってないし、google先生に聞いても事例が出てこない。うーん? そうだファイルを見てみよう。
私は /etc/my.cnf でデフォルトからは変更し
[mysqld]
datadir=/Mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
と指定している。そして独立した領域を/Mysqlに割り当てているので、見てみると以前に消したファイルが、
.Trash-0 として残っている。
わかった、このファイルは /Mysql にあるので、サーバーがデーターベースだと勘違いして表示していると判断。この .Trash-0 も削除したら無事表示されなくなった。

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: Linux運用時のメモ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください