13:Restoreで気を付ける事

元の場所にリストアする時に気を付ける事がある。元の場所に同じ名前のファイルがあった時、デフォルトでは必ず復元されたファイルで上書きされてしまう。つまり、元の場所にあるファイルが復元されたファイルより新しくても無視され、古いファイルに置き換わってしまう。
リストアで”6: Select backup for a client before a specified time”を選んだ場合には注意が必要だ。この場合はリストアの最期で mod を選ぶと、下記が表示され

Parameters to modify:
     1: Level
     2: Storage
     3: Job
     4: FileSet
     5: Restore Client
     6: When
     7: Priority
     8: Bootstrap
     9: Where
    10: File Relocation
    11: Replace
    12: JobId
    13: Plugin Options
Select parameter to modify (1-13):

ここで 11を選ぶと

Replace:
1: always
2: ifnewer
3: ifolder
4: never
Select replace option (1-4):

そして、ここで 2 を選ぶと、復元されたファイルが新しい場合の時だけ上書きされます。
尚、デフォルトでは 1 なので必ず上書きされてしまいます。

    f-otake について

    1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
    カテゴリー: Baclua(バックアップ)に挑戦 パーマリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください