危険なメールの見分け方

近頃 AMAZONを語った危険なメールが結構来ている。

1:差出人は信用してはいけない。何故なら偽装が出来る。

2:リンクはクリックしてはいけない。リンクの所にマウスを持っていくと(マウス・オーバー)実際のURL(クリックすると飛ぶ場所)が表示されるので、その場所が差出人のドメインと違えば、ほぼ間違いなく危険メール

実際の画像を示します。

多くのブラウザではCtrlを押しながら+を押すと画面が拡大されます。

 

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: 危険メールや手紙 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください