11:Sophos アンチウィルス を入れてみる

Sophosの紹介ページは、

https://www.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux.aspx

です。ここの右上の緑地の ダウンロードをクリックすると

https://secure2.sophos.com/en-us/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux/download.aspx

に移り、名前、苗字、e-mail を記入し、送信をクリックすると、ダウンロードのページに移り、青地のダウンロードをクリックすると、sav-linux-free-9.tgzのダウンロードが始まりますので、ホームディレクトリーにでも保存しておきます。場合によっては、同意画面が表示され、同意にチェックを入れると再度名前などの入力が求められ、今回は会社名などが必要になっていました。

sav-linux-free-9.tgzを展開すると、そのディレクトリーに sophos-av というディレクトリーが作成され、そこに install.sh などが出来ますので、ターミナルから

# sophos-avがある場所/install.sh

と打ち込み画面指示に従い(Enter と space を何回か)最後に同意を求められるので

Y を押す。インストール先の指定は Enter オンアクセス検索は Y か Enter

オートアップデートも Enter (ソフォスのサーバー)、無償バージョンサポート付きは f (ここでEnter するとサポート付きー多分有償)、プロキシは N か Enter するとインストールが始まり、インストールが完了しました。と表示後少しして

警告: ソフォスがバイナリカーネルモジュールを提供していないカーネル環境で Sophos Anti-Virus を稼動しています。したがって、カーネルモジュールはローカルでコンパイルされました。対応するプラットフォームとカーネルについてはサポートデータベースの文章 14377 を参照してください。

と表示され、終了しました。

コンピューターをスキャンする

# savscan / -all -remove

私の場合は ファイル 50502 個を 1分15秒で検索しました。

/run/user/0/gvfs を開くことができませんでした
/root/.mozilla/firefox/lostaog9.default/lock を開くことができませんでした。  となりこれが2個のエラーとなった。

以下の IDE ファイルを使用しています: nanoc-nh.ide などと多くの表示が出たが、この意味は現在調査中

設定は https://pochio.github.io/old_memo/linux/sophos.html が参考になる。この中の

既定値の確認の所はフルパスで書くと

LANG=C /opt/sophos-av/bin/savconfig -v –advanced

スケジュールスキャンの設定に

# mkdir /opt/sophos-av/schedule
# cp /opt/sophos-av/doc/namedscan.example.ja /opt/sophos-av/schedule/daily.ja
# vi /opt/sophos-av/schedule/daily.ja   #<-スケジュール設定
# /opt/sophos-av/bin/savconfig add NamedScans [スケジュール名] [スケジュールファイル]
があるが最後の行のスケジュール名は任意見たいで、スケジュールファイルはこの場合
daily.ja だがフルパスで書いた方が安心

以上

f-otake について

1947年生れ、東京電機大学二部電気通信工学科卒、最後はスリランカ航空で営業だったのですが2018年に㈱インパック・ジャパンに再就職。趣味:登山、スキー、車いじり、コンピューター
カテゴリー: CentOS7に挑戦 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください